FC2ブログ

マイペースなブログ

旅行中心のブログで~す。

坂本龍馬のお墓

最近、坂本龍馬の人気や偉業に便乗して維新の名をかたる輩が西の都にいるそうなので(笑)、今回あえて過去に掲載した坂本龍馬の話をしておこうと思います。
・・・ほんとは比べるのも阿呆らしいんですけどね(笑)



こんにちは!
今回は久々に地元の写真になります。
紹介するのは、京都霊山護國神社内にある坂本龍馬の墓です。
ほんとは、今回のタイトルを「霊山護國神社」にしようと思ってたんですが、このタイトルでは恐らくほとんどの人が分からないと思い、ブログタイトルをあえて「坂本龍馬のお墓」にしてみました。
3617
この神社は、今までに何度も紹介している清水寺のすぐ近くにあります。
神社近くに来ると、あちこちに坂本龍馬の名前を目にします。
3618
写真の上がお墓のある所、下が入り口になります。
実はこのお墓、入るのに拝観料が必要になります。
全世界に偉人のお墓が沢山あれど、墓参りにお金を取る所は恐らくここぐらいなんじゃないでしょうか(笑)
3622
この場所は、龍馬の墓だけでなく明治維新に関わった幕末の志士たちのお墓が集めれています。
上の写真は、池田屋事件に関わった人たちのお墓ですね。
なぜこの場所に、明治維新関係者のお墓が集められたかは、後で説明しますね。
3619
ここが坂本龍馬のお墓です。
左が坂本龍馬、右が中岡慎太郎です。
皆さんご存知の通り、この二人はこの京都で亡くなったため、この地に埋葬されました。
3620
龍馬が海援隊にいた時、共に行動していた陸奥宗光(後の外務大臣)はめったに人を褒めない人物として知られていますが、龍馬に対してだけは最高の賛美を送っています。彼の回顧録にはこう記されています。

坂本は、近世史上の一代傑物にしてその融通変化の才に富める、その識見議論の高き その他人を誘説・感得するの能に富める同世代の人能く彼の右に出る者あらざりき
坂本は、一方においては薩・長・土の間に蟠りたる恩怨を融解せしめて、幕府に対抗する一大勢力を起こさんとすると同時に、直ちに幕府の内閣につき平和無事の間に政権を京都に奉還せしめ幕府をして諸侯を率いて朝廷に朝し、事実において太政大臣たらしめ、名において諸侯を平等の臣属たらしめもって無血の革命を遂げんと企てぬ
彼 もとより土佐藩の一浪士のみ


最近よく、政治家やどこぞの会社の社長なんかがこの龍馬の言葉や行動を引用するのを目にしますが、とても違和感を感じます。龍馬は武器の調達など、商人まがいの行動を揶揄されることもありますが、少なくとも彼が海援隊にいたとき、責任者でありながらも他の従業員と同じ給料で働いていました。それもすべて将来の国のため。私利私欲で行動していたわけではないですからね。そんな彼と同列に語る資格は、自分の立場に酔いしれる政治家や商売人にはないと思います。

3623
話をお墓に戻しましょう。
この場所には休憩所もあり、この様に京都市内を一望することが出来ます。
3621
上の写真は、桂小五郎 後の木戸孝允のお墓ですね。
実はこの霊山、明治維新に関わった人たちを祀るため、木戸孝允の呼び掛けにより作られたものなんです。
このことは、意外と知られてはいません。木戸孝允といえば、ちょっと気難しい人物のイメージがありますが、出身地を問わず維新のために散っていった人たちを忘れない、熱いものを秘めていた人物だったんでしょうね。
3624
坂本龍馬をはじめ、多くの志士たちが、今もこの場所から静かに見守ってくれています。
スポンサーサイト



テーマ:寺社仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/08(月) 00:00:13|
  2. とりあえず京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<滋賀県大津市 「琵琶湖」 | ホーム | 「約束の日」>>

コメント

感じ入りました・・・・。

おはようございます。

坂本竜馬さんのお墓や 桂小五郎さんのお墓を 初めて拝見しました。

感慨深いものがあります。
国家を論じ その為に一命をも賭す事ができる人・・・・。
今こうして自分が過ごせていること・・・・・・。

志士・・・・熱い心も生き様も全てを含む凄い言葉だったのだと お墓の写真を見ながら今更ながらに思っています。

深い時間と学びを頂きました。
今日もお尋ねして本当に良かった。有難うございました。


  1. 2012/03/18(日) 09:35:16 |
  2. URL |
  3. 言の葉IS #-
  4. [ 編集 ]

坂本竜馬

坂本竜馬。

2012年現在。
坂本竜馬は外国の日本の富の収奪を防ぐ役割を果たし、
行動の結果藩の単位を国としてまとめた。

誰もが、私欲なき救国の人とと認定。崇められています。

歴史が進み新たな歴史観が生まれても、
坂本竜馬の位置づけは変わらないでしょう。

昭和・平成で、今は敗戦以来の国難。
昭和・平成で、救国の人と崇められる人が出るか。
出なければ、日本は何処へ行く。

国民は大分此処で勉強をして、
これまでのような馬鹿な選択はしないだろう。
大衆が世を変えることができるか?正念場。(応援)

爺の独白。
  1. 2012/03/18(日) 18:31:29 |
  2. URL |
  3. ijin #7ozVZe.w
  4. [ 編集 ]

言の葉ISさんへ
こんばんは
そこまで言っていただいて、とても嬉しいです。
記事にした甲斐がありました。
機会があれば、またこういう維新関連の記事を書いていこうと思っています。

ijinさんへ
こんばんは!
そういえば、最近ではTPP問題を黒船に見立てた議論もあるようですね。
国難という意味では、確かに共通点もあるように思えます。
ほんとこの先、誤った方向に行かないことを祈るばかりです。
  1. 2012/03/18(日) 22:39:51 |
  2. URL |
  3. きみひと@ #-
  4. [ 編集 ]

おはようございます。
とても勉強になりました。
ありがとうございます。
子供たちにも見せてあげようと思います。
  1. 2012/03/19(月) 07:48:48 |
  2. URL |
  3. イヴまま♡ #-
  4. [ 編集 ]

イヴまま♡さんへ
こんばんは
記事を読んでいただき、ありがとうございます。
機会があれば、また維新関連の記事をやっていこうと思ってるので、是非ご期待ください。
  1. 2012/03/19(月) 22:38:14 |
  2. URL |
  3. きみひと@ #-
  4. [ 編集 ]

ここは全国からさまざまな人が訪れる場所ですよね。
坂本竜馬は歴史に出てくる日本人の中でナンバーワンヒーローですからね。
桂小五郎の墓の写真、完成度高いですね!陽の差込みの照らされ具合と墓にできた影とのコントラストがナイスです!墓石にぴったり。。

>彼と同列に語る資格は、自分の立場に酔いしれる政治家や商売人にはない

確かに。。
  1. 2012/03/23(金) 22:56:24 |
  2. URL |
  3. SHUN #-
  4. [ 編集 ]

SHUNさんへ
こんばんは!
そういえばこのお墓、拝観料とは別に透明の募金箱も設置されてるんですが、
なぜか海外のお札なんかもたくさん入ってましたね。
海外で坂本龍馬って有名なんですかね?ちょっと不思議でした。

実は、龍馬のお墓も木漏れ日を背景に撮りたかったんですが、
木が多くて影になってしまい、木漏れ日になりませんでした(笑)
  1. 2012/03/23(金) 23:09:37 |
  2. URL |
  3. きみひと@ #-
  4. [ 編集 ]

龍馬のお墓が京都にあったことすら知らなかったという・・・
お恥ずかしい限りであります・・・
寺社仏閣が好きなのに歴史に疎いという致命的な問題も抱えつつ。
勉強し直さないとなと思いました><

お墓のある山から見える京都市内の風景が
どことなく福島の飯盛山から見える景色に似てる気がしました。
  1. 2012/10/08(月) 14:43:12 |
  2. URL |
  3. zucca #-
  4. [ 編集 ]

zuccaさんへ
こんばんは!
坂本龍馬が京都で暗殺された話は有名ですが、
お墓が京都にあるということを、知らない人は意外と多いかもしれませんね。
生まれが高知なので、高知にお墓があると思ってる人もいるそうですし。

福島に似たような景色があるんですね~。
是非一度見てみたいものです。
  1. 2012/10/08(月) 18:44:53 |
  2. URL |
  3. きみひと@ #-
  4. [ 編集 ]

竜馬先生

こんにちは。
坂本竜馬先生、先生となるんですね。
恥ずかしながら、歴史が嫌いだったので
このあたりの歴史の知識がないんですよね (>_<)
教科書にあった木戸孝允も京都に眠っているのですね。

見晴らしの良いところに眠られているんだぁ・・・
  1. 2012/10/10(水) 16:13:00 |
  2. URL |
  3.  味よし (あじよし) #-
  4. [ 編集 ]

味よしさんへ
こんばんは!
あ、そういえば、先生ってかいてありますね。
言われるまで気が付きませんでした(汗)

そう言えば、自分が歴史で習った時は、
坂本龍馬と後藤象二郎と木戸孝允くらいしかでてこなかったな~。
今は、もっと詳しく教科書では習うかも知れませんね。
  1. 2012/10/10(水) 18:54:37 |
  2. URL |
  3. きみひと@ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oibe.blog52.fc2.com/tb.php/374-8fa5ad0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きみひと@

Author:きみひと@
・京都市内に生息中
・使用カメラ
  Canon EOS kissx4
  カシオ EX-Z2000
  Canon EOS Kiss X7(new!)
・ 「鉄」分やや多し(笑)
・過去の記事に対するコメントも
 大歓迎です。

 よろしこ

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

時事問題 (29)
ノスタルジア (18)
HOTTOYS (18)
うちのわんこ (8)
絵画(主にルノワール) (19)
源 義経 (14)
北海道2014 (14)
厳島神社(広島) (9)
東京その2 (20)
伊勢志摩(三重) (9)
新・長崎 (54)
軍艦島(長崎) (9)
各街の何気ない景色 (9)
被災地支援ボランティア (5)
鉄道 (45)
空の旅 (11)
モノクロームの世界 (3)
ゲーム (12)
春の京都 (42)
秋の京都 (41)
冬の京都 (11)
とりあえず京都 (96)
新・北海道 (66)
北海道 (20)
東京 (23)
神奈川 (20)
大阪 (12)
奈良 (16)
神戸 (26)
九州 (34)
和歌山 (2)
福井 (3)
その他の地域  (5)
書籍 (17)
デジカメ (12)
映画 (17)
??? (34)

FC2カウンター

オンライン

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ご感想はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1990位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
723位
アクセスランキングを見る>>