FC2ブログ

マイペースなブログ

旅行中心のブログで~す。

石平(セキヘイ)

*この記事は、2011年8月に掲載したものを加筆・修正したものです。

こんにちは
今回は、久しぶりに書籍の紹介です。
CIMG3203a.jpg
今回紹介する書籍は、石平著の「私はなぜ中国を捨てたのか」という本です。
この方、テレビ等ではあまり見ませんが、結構本を書かれており、有名な方なんですね。
石平氏は、中国人でありながら、本の題名にあるように母国を捨て、日本に帰化された方なんです。
理由は、言論の自由のため。とても勇気のある方です。
この本には、石平氏が祖国を捨てた理由と、今の中国がどのような状態なのか、赤裸々に書かれています。
やはり、現状中国は言論の自由がかなり規制され、反日教育もすさまじいようです。

そういえば最近、東洋学園大学の朱建栄教授の身柄を中国当局が拘束しているそうですね。
目的はやはり、言論統制でしょう。しかしこの人テレビで見た時はかなり中国を擁護する発言をしていたと記憶していますが、それでも拘束されてしまうとはおっそろしいですね。意に沿わない人物はことごとく排除する。これが共産主義のやり方です。

ところで、この本の中にとても印象に残ることが書かれていました。
それは日本語の「やさしい」という言葉です。
日本人はこの「やさしい」という言葉は、当然のようによく使いますよね。「あの人はやさしい」「地球にやさしい」「やさしい笑顔」など等。驚くことに、中国語にはこの「やさしい」に該当する言葉が無いんだそうです。
中国の辞書にはこの「やさしい」を説明するのに「善良」「慈悲」「温情」など色々な言葉を使いますが、日本人の言う「やさしい」のほんの一面しかとらえておらず、この言葉を完全に表す中国語は存在しないそうです。
この「やさしい」という表現は、日本独自のものなのかも知れません。

それともう一つ。
この方、学生のころに京都に留学していたそうなんですが、その時お寺などを観光して中国の仏教がこの日本の大地に生き続けていることに、とても感動したというエピソードが載ってました。中国は文化大革命のとき、仏教などは弾圧され、今では形だけしか残っていないんだそうです。この本にはこの文化大革命で自国の素晴らしい伝統文化などがことごとく破壊され、弾圧された事実が克明に書かれています。
スポンサーサイト



テーマ:書評 - ジャンル:小説・文学

  1. 2013/09/15(日) 00:00:33|
  2. 書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<傷跡 | ホーム | 北海道番外編 その8>>

コメント

私利私欲の果てに

私も手にして読んでみようと思います。
  1. 2011/08/06(土) 00:07:02 |
  2. URL |
  3. 薫風の庵 #-
  4. [ 編集 ]

私もこの本、気になってました
"たかじんのそこまで言って委員会"という番組が好きで
毎週見るのですが、たまに石平さんがゲスト出演されていて気になってました
近いうちに読んでみようと思います
  1. 2011/08/06(土) 12:19:46 |
  2. URL |
  3. コウママ #-
  4. [ 編集 ]

今晩は!

現代の中国でも反日教育がすさまじいとは、驚きますが
やはり中国と言う感じがします。
油断ならない国ですね・・・・v-427
日本人は真面目すぎるのか?優しすぎるのか?
いずれにせよ、日本人のいいところですからねv-218
  1. 2011/08/06(土) 17:34:46 |
  2. URL |
  3. ツー #-
  4. [ 編集 ]

俺は自分の国籍を捨てる事はできません
というか、日本が好きだからです
世界中のどこにいても自分は日本人だと胸を張って言いたいと昔から思っていましたから
もちろん中国人も愛国心のある人はたくさんいるだろうけど、言論の自由すら弾圧されてしまう国の在り方には問題があると思います
  1. 2011/08/06(土) 20:23:41 |
  2. URL |
  3. masa #-
  4. [ 編集 ]

薫風の庵さんへ
こんばんは!
この本は、比較的薄い本なので、読みやすいと思います。
機会があれば、是非読んでみてください。

コウママさんへ
こんばんは!
え、あのたかじんの番組ってそちらでも放送してるんですか!
自分もあの番組は好きで、見れないときは録画して見てます(笑)
あの番組に、石平氏が出てたとは知りませんでした。

ツーさんへ
こんばんは~。
日本人は、まじめ過ぎるというより、関心がなさすぎるのかも知れませんね。
とはいっても、今の日本人は自分のことで精いっぱいで、他まで考えるゆとりはないのかも知れませんね・・・。

masaさんへ
こんばんは
祖国を捨てるなんて、よっぽどのことですよね。
恐らく、二度と戻ることはできないでしょうし・・・。
自分も祖国の日本を捨てることはできませんが、今の政治を見てると、たま~に捨てたくなります(笑)
日本人として胸を張りたいですよね。
  1. 2011/08/06(土) 21:13:07 |
  2. URL |
  3. きみひと@ #-
  4. [ 編集 ]

興味深いですね。ぜひ読んでみたいです。
随分前に読んだ本、「ワイルド・スワン」を思い出しました。
これもまた中国の凄まじい歴史本でしたね。
弾圧に耐えかねて祖国を捨てる・・怖いことです。
日本に生まれて良かった~。
近いうちに図書館で探してみます。

たかじん~は、毎週楽しみで~す。皆さん観てるんですね。
  1. 2011/08/07(日) 22:54:05 |
  2. URL |
  3. zig #5h.aGyeY
  4. [ 編集 ]

zig さんへ
こんばんは!
結構みなさん、あのたかじんの番組を見てるんですね(笑)
ただ、あの番組たしか関東ではやってないんですよね~。
関東の方では、報道の規制が入り、報道できないこととかあるらしいですね。恐ろしいことです。(特に北朝鮮がらみの話とか・・・)

ほんと、祖国を捨てるというのは、日本人には想像しがたいですね・・・。
日本に生まれて、ほんとよかったと思います。
  1. 2011/08/07(日) 23:18:30 |
  2. URL |
  3. きみひと@ #-
  4. [ 編集 ]

貴族や武士だけの仏教なら日本も残らなかったかもしれないですね。
一般庶民にも広まり、お墓を建て、ご先祖供養をするという気持ちから仏教が残ったのではないかと思います。

今は日本が好きで日本人で良かったと思っていますが、
実は若い頃は日本が嫌いで嫌いで脱出したかったんですよ。
もちろん寺社なんていかないですしねぇ…

変われて良かったと本当に思います。
  1. 2011/08/08(月) 22:39:07 |
  2. URL |
  3. dango #-
  4. [ 編集 ]

dango さんへ
こんばんは!
ご先祖様の供養というのは、今の若い人にはかなり意識が薄れて来てる感じがしますね。とても大事なことだと思うんですが。

日本の良さというのは、日本から出てみないとなかなか分からないことかもしれませんね。・・・まあ、日本から出たことがない自分が、えらそーななことは言えませんが(笑)

  1. 2011/08/08(月) 22:47:59 |
  2. URL |
  3. きみひと@ #-
  4. [ 編集 ]

真面目な人柄

こんにちは。
この石平さん、日本に居る時に何回かTVの討論番組等でお見かけしています。派手な所のない実直そうな方ですね。
アメリカに住んでいる中国系の方が時に中国政府に拘留されてしまうケースがありますが、そんな時はアメリカ政府がかなり前面に出て救出にあたったりしている事が多いです。日本政府は,東洋学園大学の教授の救出努力はしているのでしょうか?
日本は本当に素晴らしい国でした:これ以上、破壊されないようにしたいですね。
  1. 2013/09/17(火) 13:28:14 |
  2. URL |
  3. yokoblueplanet #-
  4. [ 編集 ]

yokoblueplanet さんへ
こんばんは
この大学教授について、政府というかマスコミから一切アナウンスがないんで、どういう状況か全くわからないんですよね・・・。
日本政府が公表しないのか、マスコミが公表しないのか。
国内では異様に静かです・・・。
これが日本人なら、大変な話になってるんじゃないでしょうか。
ほんと日本に生まれてよかったと思います。
  1. 2013/09/17(火) 18:54:17 |
  2. URL |
  3. きみひと@ #-
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2019/11/07(木) 21:02:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://oibe.blog52.fc2.com/tb.php/267-c254c1bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きみひと@

Author:きみひと@
・京都市内に生息中
・使用カメラ
  Canon EOS kissx4
  カシオ EX-Z2000
  Canon EOS Kiss X7(new!)
・ 「鉄」分やや多し(笑)
・過去の記事に対するコメントも
 大歓迎です。

 よろしこ

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

時事問題 (29)
ノスタルジア (18)
HOTTOYS (18)
うちのわんこ (8)
絵画(主にルノワール) (19)
源 義経 (14)
北海道2014 (14)
厳島神社(広島) (9)
東京その2 (20)
伊勢志摩(三重) (9)
新・長崎 (54)
軍艦島(長崎) (9)
各街の何気ない景色 (9)
被災地支援ボランティア (5)
鉄道 (45)
空の旅 (11)
モノクロームの世界 (3)
ゲーム (12)
春の京都 (42)
秋の京都 (41)
冬の京都 (11)
とりあえず京都 (96)
新・北海道 (66)
北海道 (20)
東京 (23)
神奈川 (20)
大阪 (12)
奈良 (16)
神戸 (26)
九州 (34)
和歌山 (2)
福井 (3)
その他の地域  (5)
書籍 (17)
デジカメ (12)
映画 (17)
??? (34)

FC2カウンター

オンライン

現在の閲覧者数:

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ご感想はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
写真
1990位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
723位
アクセスランキングを見る>>